2016年10月5週野菜セット

収穫の秋を迎えております。いずれも春に植えつけた生姜、里芋、サツマイモ。まずは最も霜に弱いサツマイモを掘り、次に生姜、最後に寒さに強い里芋を掘ります。今週はその中から生姜をお届けします。今年の生姜は、夏場の干ばつを乗り越えた子たちですが、干ばつ前後の多雨のおかげで比較的良く育ってくれたと思います。生姜は、高知県の特産品でもあり、私の住む越知町にも多くの生姜農家がいます。他の作物に比べて面積あたりの収入が多いため、若い後継者たちも田んぼだった土地をどんどん生姜畑に変えて行っています。
しかし、単一作物の産地になると必ず陥るのが「連作障害」。同じ土地で同じ作物を作り続けると、病気や害虫が発生しやすくなり、土壌養分も偏るためにうまく育たなくなる、という現象です。実際、多くの生姜農家が病気に悩まされ、春の植えつけ前に土壌消毒を行い、定植後も毎週のように農薬散布して病気及び害虫予防を行っています。(収穫までに使用する農薬の量を考えると、正直私はとても食べる気にはなれません。)
有機農業の肝でもあり、連作障害を回避する一番の策は、「輪作」つまり毎年別の畑で栽培することです。そのためにはある程度の多品目栽培が必須となり、効率を最優先にする農業では採用されない方法です。ぜひ、もっと多くの消費者の方々にこういったことを知っていただき、皆さまのように多品目有機栽培のサポーターになっていただきたいと願っています。それが、日本の農業を変える大きな力になるはずです。

(写真・文) 川合里奈(あまがえる農園代表)


syouga201611.jpg
SOELとは

SOEL事務局長

”Sakawa Organic & Ecology Laboratory”の頭文字をとってSOEL(そえる)です。有機農業や環境保全型農業を志す仲間に支援の手を「添える」という設立メンバーの思いも込められています。

そえるのつぶやき
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる