ミニトマト

3/3に播いたミニトマトの種が、待てどくらせど出ない。

たっぷり水をかけて、新聞で覆いをして、さらにビニールでくるんでいたため
蒸されたかも?

いや、3月にしては低めの夜の気温のため?

10日目にはいよいよ集中治療室へ。(加温した予冷庫)

このまま芽がでないかも…

なんて思ってごめん!出た!!

12日目にして、もやしみたいな芽がでていました。

おお!!やはり寒さが原因だったのかな。

しかし、徒長した芽は弱いと聞く、、、虚弱なもやしっ子を不憫に思うも

太陽の光をたっぷり浴びせ始めたら

白かった茎も葉もどんどん色がつき、太くなってきました。

エライなあ君たち!!

少し大きい文字まさかの復活劇なるか!?

こうご期待!

※実は3/15に新しく種をまき直しちゃってますが…そちらはまだ出ず。ガンバレよ

tag : 今日のそえる トマト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れさまですi-228

まさかの・・・復活劇i-199

これからも愛情を込めると、きっと無事育ってくれるでしょうi-184i-184

今日はe-436トマト達のi-38ハウスも建て始め、骨組みが大体出来たかな?
早く完成させて“土作り”をしないといけませんね。

新たに播種した種も連休中には芽が出ると信じていますが・・・i-229

SOELには“代表”&“トマトの神様(S氏)”が居るので、指導してもらい良いe-436を作りましょうe-287

春の陽光

春の陽光は、貧弱なトマト苗を日に日に、
太くがっしりとした姿に育ててくれます。
ありがたや、ありがたや。
こんなこと、人間さまにはできまへん。
まさに、太陽さんはトマトさんの育ての親ですな。
で、ちなみに水は産みの親でしょうか。
これからは、太陽さんと水さん
トマトさんをしっかりと育ててやってくださいませ。
人間さまは、そのお手伝いを、いやいや乳母ほどの
ことなんてとんでもない、ほんとできやしません。
ほんの少しだけ、ほんの少しだけ
育てるのに手を添えるだけですから。

タイトルは何かあったほうがいいんだろうけど思いつかん

>T-Woodzさん
コメントありがとうございます。
トマトの神のご加護がありますように、日々精進ですね!
トマトの前で朝晩祈りましょうか…いや、水やらんと。
トマトトマト!とお~まとお!!
絵文字かわいいなあ~


>たむさん
それがブロフ。BLOF。SOEL。なんか字面が似ていませんか?(気のせい)
自然のリズムのとおり、生きていきやすくすることなんですね。

「人間が野菜の生き死にを決めるなんて、おこがましいとは思わないか。」…と、ブラックジャックの本間先生も行っていましたもんね!
(本当は野菜→生き物)

こんな日は手塚治虫のブッダを読み返したい。
SOELとは

SOEL事務局長

”Sakawa Organic & Ecology Laboratory”の頭文字をとってSOEL(そえる)です。有機農業や環境保全型農業を志す仲間に支援の手を「添える」という設立メンバーの思いも込められています。

そえるのつぶやき
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる