2017年2月1週野菜セット


「みなさん、今年の野菜はおいしいですか?」
唐突にこんな質問で、すみません。農家としては、とくに無農薬無化学肥料で栽培する自分たちとしては、いつ何時においても、「ずっとおいしいよ」と言われる野菜を作り続けたいと願うのですが、今年の冬は何かが変です。ここからは土壌医の見解です。最低気温が低いのは平年並みだと思うのですが、晴天が多く最高気温が高いように感じます。とくに12月と1月。昨年のように一日中寒くて震えるようなことがないのです。つまり日射が土に十分届くので、地温が下がりきらず、微生物や根が動いているのです。一見喜ばしいように思えますが、生き物が活発になる春先のような状態になっているのです。つまり植物が窒素を多めに吸ってしまうということ、さらに加えて越冬せずに活動する害虫が、窒素の多めの野菜に集まるのです。写真は、ニラについたアブラムシ。こういう写真は正直お見せしたくないですが、農家の苦労をぜひ消費者の皆様にも分かっていただきたく載せました。しかし、今はちょうどお味噌の仕込み時期。大豆をゆがいた煮汁をいただいてきて、株元のアブラムシにかけてみました。するとアブラムシは気門が塞がれて死んでしまうのです。みなさんも家庭菜園で試してみては?
 (写真・文)  田村雄一(田村農場):土壌医

vol90-1.jpg

vol90-2.jpg

コメント

非公開コメント

SOELとは

SOEL事務局長

”Sakawa Organic & Ecology Laboratory”の頭文字をとってSOEL(そえる)です。有機農業や環境保全型農業を志す仲間に支援の手を「添える」という設立メンバーの思いも込められています。

そえるのつぶやき
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる