2017年2月2週野菜セット

今週も野菜セットをお買い求めいただき、ありがとうございます!
暦は立春を過ぎましたが、寒い日が続いていますね。こちらでもここ数日は、毎日雪が舞っています。
寒さの中ですが、夏野菜の苗づくりの時期を迎えております。もちろん、ビニールハウスの中です。あまがえる農園では、「踏み込み温床」で苗の生育に必要な温度を確保しています。「踏み込み温床」とは、落ち葉や藁などの有機物と、米ぬかや鶏糞などの窒素源を積み込んで水をかけて足で踏み込み、微生物が有機物を分解するときの発酵熱を利用して温床として利用するもので、電気も石油もいらない農家の昔ながらの知恵です。現代では、有機農家以外はほとんどが電気を使う「電熱温床」を使用しているのではないかと思います。
まだまだ経験が浅いので、試行錯誤の温床づくりです。昨年は土に穴を掘り、完全な地下温床にしたのですが、思うように温度が上がらずやきもきしました(酸素不足が原因かと思われます)。今年は、新しい方法を調べ、まず落ち葉と米ぬかを地上で積み込んで予備発酵をかけてから、写真のように、土に穴を掘った上でさらに竹と藁で柵をこしらえて、半地下状態で踏み込みました。今のところ、40度近くの地温を確保しています!この調子でうまくいくといいなと願っています。種まき第一弾は、なす。春まで、じっくりと強い苗を育てていきます。

(写真・文) 川合里奈(あまがえる農園)


vol91.jpg

コメント

非公開コメント

SOELとは

SOEL事務局長

”Sakawa Organic & Ecology Laboratory”の頭文字をとってSOEL(そえる)です。有機農業や環境保全型農業を志す仲間に支援の手を「添える」という設立メンバーの思いも込められています。

そえるのつぶやき
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる